FC2ブログ

スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ruined-Tail's Tale(v3.0):攻略メモ

.30 2009 MOD覚え書き comment(8) trackback(0)
我々はこのトカゲを知っているッ!懐にはエロ本を所持し、PCの性別や身分に関係なく唐突にデレるこの男を知っているッ!!

Ruinの服装は別MOD。

「病に侵されたときには、ナインの祭壇が役立ちますね」「オブリビオンの脅威が去りました。アカトシュに感謝を」とか世間話をする裏で、僧侶(笑)ナイン(笑)とか考えているこの男を知っているッ!!生まれは海外、日本でも名の通る存在になったRuined-Tail、Web翻訳すると破滅的尾部ッ!彼と共に歩む物語がパワーアップして帰ってきたッ!

MOD:Ruined-Tail's Tale ver.3.0
Simyaz氏作、海外でも人気のアルゴニアン好きのためのクエストMODがバージョンアップ。隅々まで手が入れられています。黒色アルゴニアンメイジ様で日本語化(作者公認)が行われ、espファイルを入れ替えれば日本語でプレイ可能。

<追記>
バグフィックスしたVer3.1が出ており、日本語化も上記で同様に配布されています。攻略的には本記事と同じです。

■プレイアビリティ・ゲーム性の強化
本作はイベントフラグをタイマー制にしている部分があり、クエストMODとしては冗長に感じられる弱点がありました。バージョンアップでタイマーが3倍以上の速度に強化され、かなりキビキビと進むように変更されています。また、プレイに迷わないようにするための工夫や、ちょっと難度に問題のあった部分の変更があります。更に攻略に複数の方法を選べるラストダンジョンなど、別物と呼べる進化。旧バージョンプレイ済みでも十分に楽しめます。
■イベント・物語の強化
旧バージョンは物語上、同性愛な感じ(少なくともMistの存在がね)が拭えませんでしたが、バージョンアップで展開を一新。Ruinとの関係もプレイヤーが選べるようになりました。それによって微妙に台詞などが変わる部分があります。物語もプレイスタイルやRPで違和感の無い様に工夫されています。ヤンデレ呼ばわりがいやだったのか、Ruinがあまり病みません。演出の強化(画面エフェクト)は環境によってはCTDの危険が増えたというデメリットも。また、旧バージョンのリリース後、MOD「Tears of the Fiend」でもRuinが出現したりしましたが、Ruinの方も同氏の他のクエストMODとのストーリー上の関連性が見え隠れするようになりました。
■コンパニオンとしての機能強化
Ruinの技能は物語上で設定されているので、大きな変更はできません。装備の交換は可能ですが、修理まではしてくれません。自己回復はできますが、PCを回復するような機能はありません。Ruinに指示できるのは追尾距離(プレイヤーとどのくらい離れてついてくるか)と、戦闘状態になったときに攻撃行動を行うか否か、近距離攻撃か遠距離攻撃か。v2.5よりも自己回復をきちんと行うようになっている感じがします。ストーリー上の制限状態以外の場面では、はぐれた時に魔法Summon Ruinで近くに呼び出すことができます。
■不具合の削減・MODの性格の変化
バージョンアップでダンジョンが作り直されたため、攻略時のハマりは大幅に削減されました。但し今回は、クリア後に捨てられないクエストアイテムが数点残るという不具合もあります。クエストMODとしての性格が強化された分、継続使用を考えていないつくりになっているようです。

以下、今回も攻略をお送りします。大きなネタバレにならない範囲で画像もありますので閲覧にはご注意。まあ、こんな記事なくてもMODにはガイド本(英語)が添付されてます。この記事はその完訳ではございません。

※記事中【第1話】とか書いてありますが、ゲームは別に章立てされているわけではありません。

【第1話】HOTな出会い!店主はやっぱりカジート一択
コンパニオンとして早く使いたいという向きも、この章はさっさと進めるのが吉。でないとコンパニオンとしての機能が解放されません。
旧バージョンでは仁王立ち。今回はウロウロしてます。①Arenaで所在無げにうろついているRuinに近付く
彼から話しかけてきて一緒に旅をしたいと申し出てくるので承諾。断った場合も、この会話はやりなおすことができますが、以降、ちょっと意地悪してやれでは取り返しがつかないことが多いのでご注意。
②誘いに従い、マーカーの示す郊外の宿屋へ入る
同じ地域に店が追加されるKalikuts RareTradeGoodsとは干渉はしないことを確認。酒場のほかの客とも話しておくと物語の理解が深まります。
③宿の部屋を取り、Ruinと会話する
旧バージョンなら時間が経たないと始まらなかったはずの初期会話です。会話を終えると、Ruinは先に部屋に行って眠ります。
④Ruinの隣の部屋で眠るとイベント発生
Ruinを起こして共に脱出する事で先に進みます。

Ruinに声をかけずに外に飛び出すと、この物語は終わります。
それはともかく脱出時の会話にゴルベーザを感じます。翻訳GJヽ(´▽`)

⑤外へ出たあと、逃げ出した宿屋の人々やRuinと話す
Ruinと会話した時点で魔法Summon Ruinが追加され、次へ進行します。

Ruinに話しかけずにファスト・トラベルなどで宿屋前を離れると、Ruinが消えてしまいます。

【第2話】Ruinは望まなくとも貴方色に染まる
ここから暫くは、Ruinに話しかけ、彼の問いに答えるかたちでイベントが進行します。ただし任意ではなく、Ruinが話したがるというフラグが必要で、彼が着いて来ている状態でおよそ500秒ごとに発生します。ダンジョン潜るなどしていれば結構すぐに会話になります。
①フラグにしたがってRuinと話し、選択肢を選ぶ。
会話のフラグが立つと、魔法取得と同じ表示で、彼が話をしたがっている旨が表示されます。この状態で彼に話しかけ、会話を行い、選択肢を選びます。この選択は物語上のRuinのあり方や好感度などに影響しますが、選び間違えるとバッドエンドという種類のものではありません。思うまま応えてOK。
②Ruinが命を狙われていることを白状し、共に居ない方がいいと言い出す
この後も数回の会話があります。フラグのためには恐らく戦闘行動も必要です。

【第3話】青い果実は追いかけてきてオーラ
ある日目覚めると(宿泊要)プレイヤーの持ち物に日記(Ruin`s Journal)をネジ込んでRuinが失踪。ジャーナルが更新されます。失踪中はSummon Ruinも魔法欄から消去されます。
今更かもしれませんが。①日記の手がかりに従ってRuinを探す。
帝都から延びる道のうち「青」の名前を冠された道(といっても、ある程度プレイした人には地図の上の文字が洞窟マーカーで隠されているのできちんと見えなかったりします)の先にある街へ行きます。
②正解場所へ辿り着くとジャーナルが更新、マーカー追加
③マーカー地点にいる男と話し、Ruinの居場所の手がかりを得る

なお、慎重にプレイしたあなたはShadow Seekerの本部を見つけたかと思われますが、この時点では入る事ができません。
④Ruined-Tail's campへ行き、Ruinを説得
会話の途中で戦闘発生。死体を見失わないように。Shadowscale Battle Mageからメモ(A Coded Letter)を取得。

ここでRuinの説得を諦め、離れる事を選ぶと、この物語は終わります。
それはともかく、ウカツに男性ボディをヌードに差し替えているとウホッ。

⑤1泊するとRuinが暗号を解読し、枕元に報告しに来る
ここのスクリプトが上手く動かず、泊まってもRuinが何も云ってこない場合があります。特に選択肢を試そうと何度もロードを繰り返そうとした時には危険。読み込み順の変更などで対応できます。
しんぼうたまらんRuin君⑥Ruinの興奮をどうするか選択
RuinはPCの性別や立場に関係なく、もうしんぼうたまらんという様子で真摯に告白してきます。ここの返答は今後の彼との関係に大きく影響します。全編通じて台詞が一番多くなるのは、やはりラブラブ関係だそうですが、まあ好みでどうぞ。

話をスルーして先に進めると所謂フラグ折りになり、Ruinに嫌われます。
でも、物語はこのまま進行できます。
話を聞いた上で「1人で動きたい」と応え、彼と縁を切る事もできます。
この場合は勿論、物語は終わりです。

⑦暗号の解読で行先が明らかになるとジャーナル更新。
解読の仕掛けは覚えておくこと。この時点でやっとSummon Ruinが再追加されます。マーカーに従ってAnvilへ。

【第4話】Anvilの切り株(チリ紙からパワーアップ)
旧バージョンでは見つけにくいという意見があったのか、切り株は簡単に見つかります。
①マーカーの位置にある切り株を調べるとイベント進行。
迷う事は無いと思われますが、こちらの立ち回りによって展開が変わることはありません。

この段階までのRuinの所持品・装備は戻ってきません。
惜しいなら切り株を調べる前に奪っておくこと。ガイドに書かれていることと違うのですが、当方環境ではガイドの通りにはできませんでした。

【第5話】まどろみランデブー!夢うつつ40秒の罠
Abyssヒント①眠るとThe Abyssという別世界にワープ。Ruinを探す。
マップは無く、ファストトラベルで脱出もできません。スタート地点から階段を下りて左に進み、ガレキを伝って外周の城壁に上るとRuinがいます。

The Abyssは、Simyaz氏の他のMODでも訪れる機会がある世界。ここでは、MOD「The Butcher of Armindale」「Tears of the Fiend」の登場人物の姿を散見できます。知ってるとニヤニヤ程度のことなので気にしないでいいです。話しかけても返答はありません。
②Ruinと話すとイベント発生。
夢から醒めてTamrielに戻ります。

AbyssでRuinと会話する時の注意AbyssでRuinと話をするときは、位置関係に注意
画像のような位置関係にしているといいでしょう。現れた男は、Ruinに何らかの魔法をかけようとします。これがRuinに命中することでRuinにスクリプトを与えているようです。命中しないと動作がおかしくなります。

③次に宿泊するとShadowScale-Silencerが襲撃してくる。
敵は1人だけですが、ここでは、通常の方法では治癒できない毒に犯された状態から戦闘開始になります。即座に敵を打倒し、所持している解毒剤を使う(取ろうとすると使ったことになる)必要があります。倒したShadowScale-Silencerの持っていたメモを取るとジャーナル更新。

注:毒が全身に回ると普通に死んでゲームオーバーです。
猶予はイベント開始から約40秒とのこと。実力に自信が無いなら、インペリアルガードなど他の人が助けてくれるような状況で眠ると無難。

【第6話】あなたの裸体こそが彼を正気に戻す
①敵の持っていたメモから暗号を解読する

単語の先頭2文字ずつをピックアップして文章を作ります。

If yoU are readiNG this then you are as tough as i feared.
Your frIend is iN great pain and oNly yoU can eND it.
Drop this note where you fIRst met him to seE him again.
(これを読んでいるなら、おまえは怖るべきタフさを持っている事になる。
 おまえの友人は大きな苦痛の中にいて、御前だけがそれを終わらせられるだろう。
 彼に会いたければ、彼と出会った場所で、この書簡を落とせ)

②指定された場所でメモを地面に落とす
Smell-of-deathという名のShadowscaleの男が現れる。Ruinを助けるには彼の言う通りにする以外に道は無い。承諾を返答するとShadowscale strongholdへワープ。
③Smell-of-deathへ従って奥へ進む
周囲を観察する余裕を奪うようにできています。Shadowscaleのメンバーに話しかけても返答はありません。寄り道できる場所もありません。まあRuinの姿を見ないうちから暴れても事態は絶対に解決しません。
④奥で待つIn-Death's-Embraceと会話。
Ruinも後から登場、Ruinとの会話後、Shadowscaleたちと戦闘になる。
⑤戦闘を切り抜ける
ガチンコで戦ってOK。一見無茶っぽいですが、Daedric防具一式とエンチャント剣を手に入れる方法が目の前に転がっているはず。In-Death's-Embraceは旧バージョンと異なり、あっけなく死にます。Smell-of-deathは死なず、気を失うだけですが、何故か敵対が解ける事があります。
⑥倒した敵からアイテムを入手し、Smell-of-deathから鍵をスる
倒した後、インベントリを調べられる相手は限られているので迷う事は無いと思われます。Smell-of-deathは攻撃して気を失わせ、その隙に素早くしゃがんでスれば簡単。この鍵はクリアに必須ではありませんが、無いとあなたは困る筈。

このイベントの正常な動作では、Smell-of-deathは戦闘開始前に死んでいる筈だそうです。
つまり普通に死体漁りで鍵を入手するのが正常な流れのようです。なお、ここでのRuinとの会話の選択によって展開が変化するかどうかは未検証。

以下のアイテムを取り忘れたまま外に出ると、先に進めなくなります。
Book of Recall、Mysterious Letter、Tainted heart

⑦来た道を戻る
鉄格子の向こうに宝箱が見えている箇所があり、Smell-of-deathからスった鍵はこの鉄格子を開けるためのものです。宝箱を調べるのを忘れずに。
⑧脱出する
外に出る道は閉ざされていますが、Book of recallを読めば、外に出る方法が分かります。脱出後ジャーナル更新。

【第7話】コンゴトモヨロシク
目的地はマーカーに出ています。何故そこを目指すのかはMysterious Letterを読めば分かります。
①Shadow seeker本部にGloomを訪ねる
②彼の要求に従い、マーカーに従って必要なものを準備

旧バージョンを知ってるとショッキングな展開ですが、他に方法はありません。
③再びGloomを訪ねる
ようやくRuinと再会。

【第8話】一粒で二度美味しい
ここから、再び500秒毎の会話イベントで進行。注意して欲しいのは、先のイベントでRuinとの関係が「確定」したと思い込まないこと。この先も会話時の選択次第で変化の余地があります。特定の展開を目指したいとお考えなら慎重に。
①数回の会話の後、本を探して欲しいということになり、ジャーナル更新。
②マーカーに従って本屋へ行き、The Gods of Tamriel(35G)を購入

The Gods of Tamrielは、単なるイベントアイテムではなく、きちんと内容が記されています。Ruinに渡すと一旦無くなってしまいますが、クリア後手元に残す事はできます。Elder Scrollシリーズの背景設定として登場する神々をOblivion単体だけでは知りえない部分まで丁寧かつ簡潔にまとめてあるので、興味のある向きには一読をお勧めします。和訳もされていることですし。
③本を購入後、Ruinに近付くと自動的に渡した事になってジャーナル更新
また500秒体制ですが、このあたりからRuinと築いてきた関係で会話が異なるようです。
④Ruinが悪夢を見たと話し、警戒を促す
最後が近付いているという警告です。Ruinとの関係によっては500秒タイマーが継続し、追加の会話があります。キャッキャウフフだったりムフフだったりRuinが日記から破ったページを見られたりなど、様々な展開があるようです。
⑤突然襲撃を受け、Ruinは再度失踪
会話イベントの後、襲撃までのタイマーがカウントされ、襲撃はマップ切り替えなどの契機で発生します。襲撃後、Cheydinhalの墓地にワープし、ジャーナル更新。ここでShadowSeeker頭領のTwilightが現れ、状況を説明されます。彼は今後の行動についてふたつの方法を示唆してきます。返答によって展開は大きくふたつに分かれます。
⑥Shadowseeker本部へ
選択した方法がどうであれ、Twilightは攻略の助言をくれます(タイミングが異なります)。
⑦外に出て、Twilightの先導に従い、Cheydinhalを出発
馬を用意してくれますが、街中では跨る必要はありません。ひとりで勝手に町を出ても進行しないのでご注意。スクリプトがうまく動作しないのか、Twilightがなかなか動き出さないことがありますが、諦めずしつこく話しかけたりしてみましょう。選択次第では、Shadowseekerの用意した馬がたくさん本部前にうろちょろすることになりますが、Twilightに話しかけようとして間違って他人の馬に跨ってしまいスターップ!という間抜けな事態も起こります。
Twilightをweb翻訳するとひらがなで「たそがれ」になり何かかわいい⑧Twilightの先導でImperial Cityを目指す
馬に跨ったまま抜刀するけど、戦う時は馬を降りる。そんなTwilightに先導されて進みます。馬より足が速いであろう皆様も、ここは馬で付き合ってみませんか。

Cheydinhal~Imperial City間を馬で駆け抜けることになりますが、必ずしも最短ルートではありません。盗賊やモンスターを多々引っ掛けてしまい、戦いも必要になるでしょう。借りた馬はエッセンシャル付きなので気遣いは無用。Twilightの位置にはマーカーがつくので、はぐれないか心配する必要もナシ。ただ、Oblivionゲートが開いている状況だと、少々面倒かもしれません。Twilightは、プレイヤーと一定距離離れると立ち止まったりするので、先回りとか余計な事はしない方がいいようです。Twilightが地形に引っ掛かってジタバタするウザい場面に遭遇したら、話しかけることで修正される場合があります。なお、Twilight以外の者が着いて来た場合も、彼らはどうなっても構いません。Twilightだけが帝都に辿り着ければ先に進みます。

ここはスクリプト動作中にフリーズを起こしやすいポイントのようです。本部前をスタートしてから、帝都に着くまではフリーズを予測してクイックセーブなどで対策するといいかもしれません。

⑨帝都に着いたら、馬を降りたTwilightに着いて行く
ラストダンジョンの前まで歩いて行きます。

●単身でRuinを救出に行く→第9話Aへ
ShadowScaleの一員に変装すると、Ruinの過去について詳しく知ることができ、戦闘回数を減らす事もできます。(そして変装しないで攻略する事も選べます)PCの技能に応じ、全部正面から打倒するか、ステルスで戦わずに通り抜けるか、ステルスで倒すかなど、攻略を工夫できますが、その分ダンジョン攻略としての難度は共闘時より高くなります。ShadowScale Strongholdの全てのエリアを踏破できます。闘技場エリアでの戦いが、共闘時に比べて楽になります。
●ShadowSeekerと共闘する→第9話Bへ
ShadowScale Strongholdの攻略自体は簡単ですが、闘技場エリアでの戦闘の難度が上がります。攻略において選択できる事が少なくなり、ShadowScale Strongholdの攻略上、行ける場所が制限されますが、こちらはこちらで独自の展開があります。

【第9話A】ぶかぶかローブで切り抜けろ
単身潜入し、Ruinを救出する事を選んだ場合はこちらになります。
①Twilightと会話し、1人で井戸へ入る
中はいきなり真っ暗です。暗視が無ければ松明か魔法で灯りをつけるしかないでしょう。
②入口エリア攻略
ここでは倒した敵から鍵を手に入れ、閉ざされたドアを開けていく方法で進めます。Strangely large Dark Hand RobeとStrangely large Dark Hand Hoodを見つけるとジャーナル更新。次のエリアで変装に使うことが可能。変装しているとShadowscaleの魔術師と認識されるため、いきなり攻撃されることは無くなります。
③訓練施設エリア攻略
変装するしないで異なりますが、するべきことは同じく、鍵を手に入れること。訓練施設は大きく2つのエリアで構成され、左側は武器庫と戦闘のトレーニングホール。右側は講義室(図書館)となっています。双方に長たる者がおり、鍵はその2人が所持。旧バージョンプレイ者には懐かしい顔で、変装していれば彼らからRuinの過去についての話を聞くことができます。変装している場合、以下のように進めます。
・左のエリアに入り、武器庫からThirsts-For-Blood’s list を入手
・左のエリアのトレーニングホールにいるThirsts-For-Bloodと会話
 Arenaへ行きたいと告げることで、試験を受ける者だけが通行を許可されることを知ります。
・Thirsts-For-Bloodにスパーリングをお願いする
 隣室へ入り、スパーリング中にスリを試みる→本気の戦いになったら倒し、鍵を得る
・右のエリアの講義室にいるSeeker-Of-Knowledgeと話す
 「Arenaへ行きたい」→「試験を受けるため」→鍵を得る
変装しない場合、Twilightが警告したように、片方の長を殺すと潜入を悟られ、約2分で援軍を呼ばれることに留意。素早く敵を片付け、鍵を入手することになります。

【第9話B】皆殺しエレジー
Shadowsekerの面々と協力して攻略する事を選択した場合はこちらになります。
①Twilightと会話し、井戸へ入る
Shadowseekerの面々はすぐに目に入るはず。が、暗視または松明/魔法の灯りは必要。
②入口エリア攻略
基本的に要所要所でTwilightの指示に従うだけで進みます。動きがなくなったなと思ったら彼に話しかけましょう。まずShadowseekerと共に敵を殲滅。その後Twilightの指示に従い、レバー操作を行います。次にBarrackの敵はMidnightが誘い出してくれるので、皆で殲滅。鍵を入手したら次のエリアでの行動をTwilightから指示されます。鍵以外に必要アイテムはありません。Strangely large Dark Hand Robeは取っても無意味なので無視してOK。
③訓練施設エリア攻略
指示通り、Shadeと共に左の扉から訓練施設エリアに入ります。その後、出現したShadowscaleを迅速に処理。ただし、奥にいるThirsts-For-Bloodは、合図の鐘が鳴るまで倒してはいけません。合図の鐘を聞いたら、2分以内にThirsts-For-Bloodを倒して鍵を入手します。時間切れになると援軍が出てきますのでご注意。

【第10話】Ruined-Tail's Tale
①闘技場エリア攻略

ここでは、最大で3つの行動を選択できます。「戦う」「買収する」「説得する」です。ただし、説得できるのはPCがDarkBrotherhoodのクエストをクリアした「Listener(聞こえし者)」である場合だけです。戦うとなればこれが最大の戦いになります。仲間を蘇生する能力を持っている男が一番厄介です。透明化もこなすこのネクロマンサーを最優先し、残りは任意に。倒した後、インベントリを調べられる相手は限定されています。死体から鍵(Prison Complex Key)を入手し、更に奥へと進みます。

ここで戦闘を行った場合にDarkBrotherhoodのフラグが立つ場合があるようです。ちなみに当方プレイキャラでは既にバグでフラグ成立済でした。まだフラグの立っていないあなたは、ラストで空気を読まないあの人が現れるのを覚悟した方がいいかもしれません。

②牢獄エリア
奥へ進むと、まずEyes-of-Obsidianが牢に閉じ込められている姿が目に入ります。話しかけるとRuinのいる牢屋の鍵をくれます。この男の処遇は貴方次第。続いてRuinの閉じ込められた牢屋へ。
⑥Ruinと話す
すぐに彼は牢を出て行きます。彼の側にある宝箱に、彼の所持品が入っていますので回収。特にRuined-Tail's Taleは必須アイテムなので忘れないように。
③Ruinを追って闘技場エリアに戻る
すでに闘技場の中央にある祭壇に気付いているかと思われます。するべき行動は、Ruined-Tail's TaleとRuin's Journalを祭壇に置き、壁際まで下がること。祭壇に必要なアイテムを置くまで、ヤンデレのヤンになった彼は適当にあしらってください。魔法反射装備をしていると防御するだけで勝手に昏倒してくれます。

スペシャルな表紙のある本たち④帰還
激しい画面効果でFPSが激減したら直ぐに退去してOKです。ジャーナルが更新されます。来た道を戻り、Waterfrontへ。このあと、エピローグあり。

【第11話】特別編:Mist、ガン無視する
眠るとイベントが発生します。ラストイベントをお楽しみください。Ruinとの会話後、ジャーナルが更新されてクエストクリアになります。

MOD:Battledress
女性用重装(きれいなマゾーガ様)軽装(ラ’ヴィンドラさん)渋い感じの装備品を多数追加するMOD。本記事の最初の画像でRuinが身につけているのが男性用の軽装備。ここの画像は女性用の重装備/軽装備。鎧だけでなく殆どの種類の武器や矢も追加されます。更にDLC1 Horse armorのアイアン装備のテクスチャ差し替えも添付。
導入すると帝都のFighting ChanceとBest Defenseで販売されています。
MOD:Lusty Argonian Request fixed version
Ruinの愛読書であるところの「好色アルゴニアンメイド」に、えっちな表紙をつけます。攻略の最後でRuined-Tail's Taleの隣に置いてあるのがそれです。

comment

-
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009.06.10 19:30
金明孟宗
> すいません、おたずねしたいんですが……
> クリア後にアミュレットがもらえると2.5で書いてあったと思うんですが、それはどこで手に入るんでしょう?チェインディハルいってもさっぱりorz

よくおぼえていませんヽ(´▽`)
クリア後ではなくてv2.5でMist編に入る前なら、攻略で書いたとおりだったはず。かなり分かり辛かった記憶がありますが、要するにRuinの失踪後に再会した場所に程近い岩に隠されています(※v3.0にこの要素はありません)
2009.06.13 18:14
素人
この攻略記事のおかげで今日クリアできました。ラストが切なくてよかったです。お世話になりました、またし^-^)よろしくです
2009.12.30 13:55
金明孟宗
云ってみれば和訳に乗じたフンドシ記事なので気後れするのですが、
この記事が一番アクセスが多く、お役に立っているようで何よりです。
海外の良作MODを和訳して頂ける皆様にこそ感謝しております。
2009.12.30 17:11
かにみそ
はじめましてー。
こちらの記事が大変役に立ちました。ことに自分で暗号を解くとこなどは…。very poor Englishな為に文字を拾ってっても単語にならずに悩んだりしました(汗)。
一番キツかったのは裸で周り敵だらけ…拾える重装備だと私にはキツくて(Realistic Fatigueなど入れてるので)、この場面だけは難易度下げてやっつけてしまいました(笑)。
レベルも低かったせいなのかもしれませんが^^;
Ruinとの最後は寂しかったですけど、この余韻もいいものですね。
2010.12.31 14:41
金明孟宗
はじめまして。お返事が遅れて申し訳ないです。
Ruinは未だにうちの検索ワードのトップをひた走る人気なので
攻略がお役に立っているようで何よりです。
英語は私も胸を張れるレベルではなく、翻訳してくださった方々の
おかげでプレイできております。Ruinに関しては会話が多いし、
それにリアクションを返さなくてはいけないので
英語だけではムリだったでしょう。

そして白状しますと、初プレイ時に高レベルで突っ込んだクヴァッチ以来、
常に難度は一番左ですヽ(´▽`) もちろん縛りに相当するような
MODは一切入れていないヌルゲーマーでございます。

Ruinですが、難度的にはv2.5はこっちは裸なのに分身するトカゲに
ボコボコにされたりともっと理不尽でしたが、今回はかなり遊び易くなっていると感じました。
結末には賛否両論あるようですよ。それだけ思い入れのできるキャラを造り出した
Simyaz氏の力ですね。氏の他のMODは世界観をはみだしてしまいがちですが、
機会があれば他のクエストMODもお試しください。
2011.01.17 12:45
braidcullin
はじめまして、2014年にコメントをつけるのもなんですけど。
昨晩プレイしてて、詰むなってのがあったのでコメントを加えます。
「第6話」のSmell-of-deathがルインに殺されないと詰みます。
正確には、UOPのパッチを当ててあると詰みます。
UOPのパッチのせいで相手を気絶させても持ち物を奪えないんです。
結果自分の所持品が戻ってこないので実質的に詰んでしまいます。

自分は何度かやり直しましたがルインがSmell-of-deathを殺せない内にIn-Death's-Embraceの召喚した骨に殺されると、Smell-of-deathは不死属性のままになるので結果的に鍵が奪えない……。
結構な確率でそうなっちゃうんですよねぇ。

ま、奪えなくてもIn-death's は殺せるので完全な詰みじゃないけど。
一番の対策は何も持っていかず、追手は柵を降ろして防いでしまう。
In-Death'sだけはワープして柵のこっち側に来るのでそいつだけ倒すってのが一番安全な解決策みたいでした。

それと、自分は英語のままやっているので、このサイトはすごく参考になります。
また、第5話では立ち位置がまさにこのブログの指摘通りに立ち位置で
Gloomの魔法スクリプトが動作せずに5分ぐらい見てました。
その後でこのブログの指摘を思い出して解決できました。
ありがとうございます。
2014.06.26 09:02
金明孟宗
で、失礼ながら1年近く後になっての
返信になるのでございます。管理人でございます。

特定環境で詰みになる話、とても興味深く読ませていただきました。
お知らせありがとうございます。

OblibionでもSkyrimでも、アンオフィシャルな大型パッチが存在していて、
それがユーザー環境の大きな差になっているために色々起こりますね。
Skyrimの場合、USKPはいいところも悪いところもありますので
ネット上では時にモメ事のタネになっているようです。
ユーザーごとにハードもソフトのシステムの根本も環境も異なることが
前提の世界ですから、それを認識したうえで記事にしていくことも考慮したいですね。
2015.04.12 15:43

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://geckob.blog83.fc2.com/tb.php/94-2c7ee133

★Notice★

「The Elder Scrolls IV : OBLIVION」のプレイ日記の体裁を取っていますが、「ロマンシングサガ ミンストレルソング」のキャラクターRPであり、両作の二次創作要素を含有した1人称小説でもあります。

これはCyrodiilで作者が体験した物語であり、あなたのプレイしたOBLIVIONとは異なる可能性の方が高いです。では、良い旅を。

◇サムネイル画像はマウスオーバーでポップアップします。ポップアップした画像からカーソルを離すと消えます。所により、大きめの画像でも更に拡大することがあります。

◇使用MODは日記本文中で紹介していますが、クエストMODでは別記事にしていることもあります。

◇ネタバレ、妄想/脚色含有にご注意。キャラクターには、故意に間違った情報の解釈をさせていることもあります。

Profile

ゲラ=ハ

Citizen:ゲラ=ハ
私の名はゲラ=ハ。作者になり代わり中止をお詫び申し上げます。ところで、角なのですが、Paradiseへ向かう頃には全部抜け落ちるというネタがあったようです。まぁそれが本来の私なのですが、いささか頭が寂しくなる話です。SKYRIM?ゲッコ族は生理的に寒いのは困ります。

Author:金明孟宗
普段は二次小説だか何だかの人です。
棲息地:【孟宗劇場】
ご意見ご感想などは【こちら】

Category

Recent entry

LINK+

Recommend

Page Selector

RSS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。