FC2ブログ

スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

#30 Happy Go Lucky Guy(3)

.31 2007 OBLIVION日記 comment(0) trackback(0)
■一曲いかがですか?■
通りすがりの吟遊詩人。なにやってんだこいつどうも。通りすがりの吟遊詩人です。この世界ではミンストレルではなく、バード(Bard)と呼ぶそうです。誰だ御前ってそんな。いえね、何か彼が楽しそうにやっているようなので覗いてみたのですよ。自分の被造物でない異世界はとても新鮮で、いい詩が書けそうです。ああ、この赤い服ですか?何かこの世界で流行っているそうなので着用してみました。如何ですか?浮いていますかね、私。

いきなり捕縛される詩人それにしても何ですか、此処の人間は狭量で困ります。酒場で一曲披露してノドが乾いたので、目の前のリンゴをひとつ頂こうとしたら兵士が現れて捕まってしまいましたよ。あ、背中のこれ、いつもの楽器じゃないんです。それにしても皆が私をジロジロ見て困ります。そんなに浮いてますか、私は?人間については詳しいつもりでいるのですが、困りました。

それはそうと、そろそろ彼の運命も動き出しそうですよ。しかし私には助力の術がありません。何しろこの世界では私は一市民でしかありませんので。それに私の干渉を、恐らく中の人が許してくれないのですよ。ヒドいですね、REN髪キャラの練習台に使った癖に。つまりそのうち、このページもよくある美少女で埋め尽くすつもりですかね?あ、私は男ですよ、念のため。

さて、牢屋を出た私は苦情を云いましたよ。頭の固い兵士たちにね。何故かって私別に万引きのつもりは無かったんですよ?お金は持ってますし、リンゴ一個買えないわけじゃありません。

溺死体験をする詩人。つくづくOBファン置いてきぼりな、神に逆らうのか?どこまでも楽しいひとたちだ。この神の力とくと目に焼き付けて・・・しまった、ここでは私はただの人なのでした。いやだな。ちょっとギターのカドで殴っただけじゃないですか。兵士たちに追われて、私は街の外の湖に飛び込みました。ふう・・・ってウコムめ、いやウコムは関係なくここでは水中で息ができません。私は彼の旅路を見とどけねばならないのに・・・見とどけねば・・・
MOD:REN's Beauty Pack Only Hair
おそらく殆どのOB日記ブログで使われているMOD。これはフルパックではなく、新規髪型のみ導入するもの。フルパックを導入すれば、リネージュ風のキャラクターを作成できます。世界から浮くという意味では使用が難しいMODではありますが、美形を作るのが難しいOBLIVION。人気があるのも頷けます。
MOD:Fender Precision Bass
モデルやテクスチャの出来が素晴しい、Fenderのギター4種を打撃武器として使用できるお笑いMOD。リュートを追加するMODがあるのは知っていますが、エロールにはこれくらいの方がいいのです。ちなみに帽子はまたまた2chから。素晴しい作品で、おバカな企画に使うのが恐縮です。
MOD:Fatality Cam
このゲームでは死んでしまうとすぐロード画面になりますが、このMODを導入すると、死んでから最大5分間、キャラの死に様を眺めることができます(すぐにロードすることもできます)。恐らく、Wikiにあるのと名前は違いますが同じもののようです。

失礼しました。本編は>>More、から。

とにかく、アミュレットをジョフレ(Jauffre)とかいう方に渡してしまおうと私は急いでいました。確かカロール(Chorrol)という街の近くにいらっしゃるはずです。こうなったら街道沿いに行くしかありません。気が付いたら陽が落ちています。

「ついてこないでください」
「でモ・・・アザンの言いつケだかラ」

明らかに普通のスプリガンより強いプラティ殿。萌えキャラを自称するスプリガンのプラティ殿に気付いたのは、盗賊に襲われたからです。彼女はなんと雷撃の魔法を放って一人で盗賊を倒してしまいました。その動きは明らかに普通のスプリガンではなく、早回しを見ているようです。お、怒らせない方がいいのでしょうか。

「私はこれから別の町に行きます。
 貴女はあまりアンヴィルから離れない方がいいと思いますが」
「本当ハ、あの人以外の運を吸いたくなイ・・・。
 けど、嫌われたくなイ」

吸ったら満足して帰っていただけますか?

「・・・」

いや、嫌ですよ?何と言うか、スプリガンの攻撃は頭で理解できないので気持ちが悪いのです。何かを吸い取られて、それが運だということですが。尤も、時間が経つと元に戻るタイプの攻撃なので、教会に駆け込む必要もありません。でも生理的にイヤです。ダメージも普通に受けることですし。

「あの人ハ、もう家に入れてくれなイ気がすル」
「もしそうならもっと前に追い出されていますよ。思い出してください」

アザン殿は騒ぎにはしたくないと仰っていました。こんなところにモンスターが!とでも叫べばすべては終わりになりますが、あの方はそうしなかったのです。恐らくはプラティ殿、貴女を案じて。

「そう・・・かナ」

ええそうですとも。私もいい加減なことを云っているつもりはありませんよ。軽くあしらおうだなんて思ってません。なんというか、貴女には普通に同情します。

「ありがとウ。でも、わたシ、貴方に着いて行ク」

いや、それは困ります。

「空模様が怪しイかラ」

夜で、星もちゃんと見えていますが。今いる場所は、ちょうどアンヴィルとスキングラッドの中間地点あたりになります。そういえば北にはまだ行っていない町がありますね。目的地ではないので通り過ぎる気でいましたが。

突然の報せ「あんた!まだこんなところにいるのか!」

突然、その北からこちらへ続く道に男が駆けてきました。気が動転しているのか、夜の闇が幸いしたのか、慌ててわたしの背後に隠れたプラティ殿には気付いていません。曰く、早く逃げるんだの一点張りです。

「盗賊にでも追われましたか」
「何云ってるんだ!クヴァッチ(Kvatch)は昨晩、
 ディードラの大群に襲われて壊滅したんだ!
 門が開いたんだ!オブリヴィオン(oblivion)の!」

オブ・・・?どこかで聞いたような。

「兵士たちが抑えてはいるが時間の問題だ!
 あんたも早く逃げろ!クヴァッチはもう御終いだ!」

男はそう云って矢のように去ります。
一体何が起こっているのでしょう。ディードラとは確か九柱神(ナイン)と相対する、ここでは邪神とされる神々だったような。あとはその被造物である一部のモンスターもそう呼ぶといった話を、帝都の書店で読んだ事があります。

「北へ行ってはいけなイ」
「街に取り残された人がいるそうです」

ここは兵士たちに助力すべきところでしょうか。街を壊滅させるほどのモンスターの群れ、恐ろしいことになっていそうです。

プラティ殿には、アザン殿に知らせてもらう必要があります。「あなたハ、カロール(Chorrol)のギルド本部へ挨拶に
 行くべきだト、あの人が伝えて欲しいト」

ええ、それは分かりました。

「北は危なイ。嫌な感じがすル」
「もし、あの男が云っていたような事態に
 なっていたとしたら、アンヴィルに報せるべきです。
 プラティ殿、クヴァッチの件をアザン殿に」
「大丈夫?」
「危ないと判断したら引きます。
 死ぬほどの無理をするつもりはありません」
「・・・分かっタ、報せル」

私はツイている、というのがアザン殿の評でした。しかし此処から先、私が自分をそう思えることは無さそうな雲行きです。プラティ殿に急使をお願いし、私はクヴァッチに向かって北へ進むことにしました。

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://geckob.blog83.fc2.com/tb.php/38-71cf5971

★Notice★

「The Elder Scrolls IV : OBLIVION」のプレイ日記の体裁を取っていますが、「ロマンシングサガ ミンストレルソング」のキャラクターRPであり、両作の二次創作要素を含有した1人称小説でもあります。

これはCyrodiilで作者が体験した物語であり、あなたのプレイしたOBLIVIONとは異なる可能性の方が高いです。では、良い旅を。

◇サムネイル画像はマウスオーバーでポップアップします。ポップアップした画像からカーソルを離すと消えます。所により、大きめの画像でも更に拡大することがあります。

◇使用MODは日記本文中で紹介していますが、クエストMODでは別記事にしていることもあります。

◇ネタバレ、妄想/脚色含有にご注意。キャラクターには、故意に間違った情報の解釈をさせていることもあります。

Profile

ゲラ=ハ

Citizen:ゲラ=ハ
私の名はゲラ=ハ。作者になり代わり中止をお詫び申し上げます。ところで、角なのですが、Paradiseへ向かう頃には全部抜け落ちるというネタがあったようです。まぁそれが本来の私なのですが、いささか頭が寂しくなる話です。SKYRIM?ゲッコ族は生理的に寒いのは困ります。

Author:金明孟宗
普段は二次小説だか何だかの人です。
棲息地:【孟宗劇場】
ご意見ご感想などは【こちら】

Category

Recent entry

LINK+

Recommend

Page Selector

RSS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。