FC2ブログ

スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

目次(#1~#30)

.20 2006 目次 comment(0) trackback(0)
1.旅立ち
最後の記憶は海の上。なのに気が付けば牢獄。
ゲラ=ハは異世界の流儀に戸惑いながら帝都へ足を踏み入れる。

#1 リアルな私
 >>クエスト紹介:チュートリアル >>MOD紹介:日本語化
#2 ピンチのようです
 >>クエスト紹介:チュートリアル >>MOD紹介:Coms Argonian Headsets
#3 勝手なことを云わないでください。
 >>クエスト紹介:チュートリアル >>MOD紹介:Charactor Generate Amulet
#4 流儀あれこれ(1)
 >>MOD紹介:Strike a Pose
#5 流儀あれこれ(2)
#6 Good as New(1)
 >>クエスト紹介:非友好的な競争相手(Unfriendly Competition)
 >>MOD紹介:Jounks Polearms
#7 Good as New(2)
 >>クエスト紹介:非友好的な競争相手(Unfriendly Competition)
#8 Good as New(3)
 >>MOD紹介:Companion Share & Recruit
#9 Good as New(4)
 >>クエスト紹介:堕落した帝国兵(Imperial Corruption)
#10 Good as New(5)
 >>クエスト紹介:堕落した帝国兵(Imperial Corruption)
#11 Good as New(6)
 >>クエスト紹介:堕落した帝国兵(Imperial Corruption)

2.異邦人
逃げるように帝都を後にしたところで、異邦人である事は変わらない。
スキングラッドから故郷に続いているか分からない海を目指した旅は続く。
辿り着いたアンヴィルで、彼は戦士ギルドへの参加を決心する。

#12 失意の船出(1)
 >>クエスト紹介:予期せぬ航海(An unexpected voyage)
#13 失意の船出(2)
 >>クエスト紹介:予期せぬ航海(An unexpected voyage)
#14 失意の船出(3)
#15 街道の漁師
 >>クエスト紹介:Go Fish
 >>MOD紹介:Blue lagoon water / A Very Silly Slaughterfish
#16 狂える蜥蜴
 >>MOD紹介:Damsels In Distress
#17 Days of Wine & Flaxes(1)
 >>クエスト紹介:偏執狂(Paranoia)
#18 Days of Wine & Flaxes(2)
 >>クエスト紹介:Seeking your roots
 >>MOD紹介:Flaks Complete Names Project
#19 Days of Wine & Flaxes(3)
 >>クエスト紹介:偏執狂(Paranoia)
#20 Days of Wine & Flaxes(4)
 >>クエスト紹介:偏執狂(Paranoia)
#21 Days of Wine & Flaxes(5)
 >>クエスト紹介:偏執狂(Paranoia)
#22 Days of Wine & Flaxes(6)
 >>クエスト紹介:偏執狂(Paranoia)
#23 Days of Wine & Flaxes(7)
 >>クエスト紹介:偏執狂(Paranoia)
 >>MOD紹介:Intoxicant Improvement
#24 Go back to the Sea(1)
 >>MOD紹介:Phinix Waterfix / AliveWaters
#25 Go back to the Sea(2)
 >>クエスト紹介:アンヴィルの幽霊船(The Ghost Ship of Anvil)
#26 Go back to the Sea(3)
 >>クエスト紹介:セイレーンの誘惑(The Siren's deception)
#27 Go back to the Sea(4)
 >>クエスト紹介:セイレーンの誘惑(The Siren's deception)
#28 Happy Go Lucky Guy(1)
 >>MOD紹介:Kafei's Elegant Vests / Actors in Charge      
#29 Happy Go Lucky Guy(2)
 >>MOD紹介:Crow's Nest Cottage / Spriggan Companion /
       ドジっ娘スペル
#30 Happy Go Lucky Guy(3)
 >>MOD紹介:REN's Beauty Pack Only Hair /
       Fender Precision Bass / Fatality Cam
 >>おたのしみふろく:一曲いかがですか?

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://geckob.blog83.fc2.com/tb.php/13-8a8ff6c4

★Notice★

「The Elder Scrolls IV : OBLIVION」のプレイ日記の体裁を取っていますが、「ロマンシングサガ ミンストレルソング」のキャラクターRPであり、両作の二次創作要素を含有した1人称小説でもあります。

これはCyrodiilで作者が体験した物語であり、あなたのプレイしたOBLIVIONとは異なる可能性の方が高いです。では、良い旅を。

◇サムネイル画像はマウスオーバーでポップアップします。ポップアップした画像からカーソルを離すと消えます。所により、大きめの画像でも更に拡大することがあります。

◇使用MODは日記本文中で紹介していますが、クエストMODでは別記事にしていることもあります。

◇ネタバレ、妄想/脚色含有にご注意。キャラクターには、故意に間違った情報の解釈をさせていることもあります。

Profile

ゲラ=ハ

Citizen:ゲラ=ハ
私の名はゲラ=ハ。作者になり代わり中止をお詫び申し上げます。ところで、角なのですが、Paradiseへ向かう頃には全部抜け落ちるというネタがあったようです。まぁそれが本来の私なのですが、いささか頭が寂しくなる話です。SKYRIM?ゲッコ族は生理的に寒いのは困ります。

Author:金明孟宗
普段は二次小説だか何だかの人です。
棲息地:【孟宗劇場】
ご意見ご感想などは【こちら】

Category

Recent entry

LINK+

Recommend

Page Selector

RSS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。