FC2ブログ

スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国家の存亡を前に井戸端会議

.10 2010 コンソール版 comment(4) trackback(0)
最近Fallout3で酷使している360。夏だし休ませねば、というわけでOBLIVION GOTYはPS3版を購入してしまいました。買ってから色々知って後悔しております。というかベセスダはPS3にやる気ないんじゃないか。インストールもトロフィーも未対応、これくらいは仕方がないとは云えます。が、売りのはずのSIで、サブクエとはいえPS3ではクリアできないクエストがあるとかどうですか。

調べなかった自分も悪いんです、確かにその通り。ただ何処の誰が購入前に攻略wikiとか細かく見ます?そこまでしないと気付かない不具合があるって予測できます?というか追加要素やらのボーナス的なそれ以外でプラットフォームでそんな差があるなんて思いません普通は。初期の音声バグが大き過ぎて、このあたりはみんなもう諦めちゃってるようで。PCでは、SIは翻訳もされてない時期に少々やった上でForm IDバグでアンインストールしたきりので楽しみにしてたのに。というか入れたMODの都合でこないだまでv1.1だったくらいですから。

立場が入れ替わっているヽ(´▽`)

ほら、PS3GOTYではブレードマスターさえやる気がないようですよ。席を部下に譲った挙句、ゴシップ話。しっかりしろハゲジジイ!
PS3SS_0102.jpg気を取り直して「Ta'ghorr」と名付けたぬこを制作(トカゲ好きの私ですが、定期的にぬこブームが来るのです)。老け顔が悩み。よく「見かけ倒し」と云われる彼は、故郷の村長の予言「インペリアルの都で大ネコが暴れるのが見えたのじゃ」を受けて、とある人物を探してCyrodiil入りし、ついついムーンシュガー頬張っちゃってスタップされて投獄された次第。

えー360版無印でそうだったように、さらっと追加部分(もちろんSI)だけやっちゃうつもりでいたのですが、なんだかキャラに愛着が沸いてしまい、レベリングしております。というか初めての精霊座プレイで純粋にゲームとして楽しんでしまっております。SIって精霊座には天国だよね?簡単にマジカ回復薬の素材が手に入るし。逆にマジカ回復薬が持ちきれないほど溜まってしまったため、というのもレベリングの理由です。なかなか病気になることもなければ、特別な装備無しで潜水可能なアルゴニアンでのヌルいプレイに慣れてしまっているせいで新鮮です。

○月×日:姉さん、インペリアルの国は死体が立ち上がる怖いところです。

PS3SS_0110.jpg

フリーズ多し。PS3は薄型で、FF13と共に購入したものです。で、フリーズがあると直前に行った戦闘での死体がよくこんなことになっています。画面手前のオオカミも、奥にいるダイエットインプも死体です。

○月×日:姉さん、怖い!インプのミイラが街道で待ち伏せているゥゥゥ!

PS3SS_0074.jpgSIを攻略するキャラということで、残りMPの割合でRPに躁鬱をつけております。つまり、MPが減リ過ぎていると根暗で疑心暗鬼な性格になり、MPが満タンに近いとラリってしまい、ついヒャッハーな行動をしてしまいます。彼はそんな自分を認識しているので、必要にかられて錬金術を学び、自分のMPを最大値の半分あたりに保つことが必要になるのでした。

このキャラが探している人物とは、Ra'vindraです。Ta'ghorrは彼女と血は繋がっていませんが、「姉さん」と呼んでいます。色々あって、Mazogaと出会い、彼女がRa'vindraと行動を共にしていた事や、既に他界していることを知ります。MPが十分に減っていた彼は、仇の名を聞いて感情のままに復讐を行い、それが元でMazogaとはモメます。事情を知ったMazogaは、一緒に騎士をしようとか、何かの使命感に捉われたように世話を焼こうとするのですが、絶望した彼はそれを断り、フラフラと目的も無く旅を続けるのでした。

○月×日:姉さん、荷物置き場には家だとマゾーガさんが奨めてくれた物件ですが、姉さんがここに住もうとしてたって本当ですか?

PS3SS_0117.jpg

幽霊出るし、すぐ近所で物騒な事件は起こっているしキ○ガイがしわがれた声で喚いているヽ(´▽`) Anvilの物件は価値下がりすぎ。というか、買い取りに便利な万屋はマップ切り替えないと行けないし、改めて考えると元々住みよい街ではありませんね。Anvilの万屋といえばレレスの店ですが、この名前がSIのダンジョンの片隅のメモに登場して驚きました。

PS3SS_0009.jpgところで、元々が追加パッケージで、メインクエストをクリアしたPCが「Champion of Cyrodiil」の称号を得るところから来ているとは思うのですが、いきなりチャンピオンを寄越せとか云われると(翻訳的な意味で)唐突に感じます。グレイプリンスさんお呼びですよ。そしてこんな状況でシェオゴラスの領域に飛び込む冒険者が沢山いるようなのもオドロキ。Morrowindのキャラらしき名前まで見かけますね。例の音叉とかで、引き付けられるのでしょうか。

で、思うのですが、Dragon Fireが途切れているからこそ、シェオ爺は自分の領域をMundasに繋げられたと思っておりました。それにしては元々はMundasの住人らしき姿が多く、彼等がアイルズで歴史を重ねたようにも見えます。ああ、でも、考えてみればディードラ・ロードの領域にMundas住人の姿を見るのは、シヴァリング・アイルズに限った事ではありません。このあたりの設定の解釈はどうしたものでしょうか。そういえばOblivion Gateが数多開いていようがそうでなかろうが、錬金術師はBlood Grassとか普通に店に並べています。普通にディードラ系の敵が出るダンジョンもあるわけで、ディードラ・ロードの領域とMundasは結構繋がっている場所・あるいは手段があるのかもしれません。

comment

しど
お初のコメントになります、しどと申します。
ディードラ達のタムリエルへの干渉について、少し覚えていることがあったので書いてみようと思います。

メインクエスト終了後にSIに突入し、ハスキルさんと世間話をしていたときだったと思うのですが、
「王者のアミュレットと引き換えに、オブリビオンの次元とタムリエルが隔絶されたはずなのに、どうしてシェオゴラスのレルムに入り込めたのか?」
「それは侵攻のためのゲートではなく、招待客を招き入れるためのものなので、『侵攻を阻止するための結界』を張るというディバインズと人間との契約に抵触しないからおkなんです」
というやりとりがありました。
なので、ディードラ達が自発的にタムリエルに降り立つためにゲートを開くことはできないけれど、人間のほうからレルムに踏み込むように仕向け、ゲートを開けて待つのは可能なのではないでしょうか。

アイルズに住む人間から、「シェオ爺は芸術家と狂気が大好きで、自分のレルムに住まう資格があると判断した人間をたびたび連れてくる」というような話も聞けましたから、これで一応説明が付くと思います。

ブラッドグラスやハラーダなんかの錬金素材ですが・・・これはゲーム内書籍や一般会話でも触れられていないような(;’A`)
開かれたオブ門の周りに僅かながら根を張ってしまったものがあって、それはゲート封鎖後も残っていましたし、そういった「希少な標本」を採取・培養していたりするのかもしれません。
2010.07.12 01:28
金明孟宗
どうも初めまして。情報ありがとうございます。

なるほど。本編クリア前とクリア後で会話が異なったりするわけですね。呼び込むためだからOK、だから他のディードラ(ペライトとか)も自分の領域に信者を入れることができたわけですか。

コンシューマの翻訳がアレなのかもしれませんが、どうも「ディードラ・ロードの領域」と「オブリビオン」を別のモノとして扱っているフシがありますね。いやそれでいいと思うのです(日本語ムズカシイ)。ただ、本編だけだと、ダゴンの領域がオブリビオンという風にも解釈できます。オブリビオンという空間の中に、それぞれのディードラ・ロードの領域たる世界があるのでしょうが、Mundas側から見れば区別無くオブリビオンなのでしょう。アイルズから見れば「外側」もオブリビオン(ゴールデンセイントやダークセデューサーも他の領域からオブリビオンを通じてアイルズに存在している、など)なので、ちょっとこんがらがってしまうことがあります。

錬金素材もダゴンの領域でないどこかの領域から持ち込まれた可能性だってあるのかもしれませんね。
2010.07.13 22:09
Shuka
Infernal Cityを読んでますが、「契約の穴はたくさんあるよ!」みたいでして、それが元でとんでもないことに至るようです。あと、「とある所まで行くのに日数かかるので、Oblivion抜けてショートカットしよう! 命の保証はないけど!!」とか。どこでもド○ですか(´∀`)
というわけで、隙間をつけばOblivionに行く・招くことも可能みたいですね。あと、『Doors of Oblivion』でも、Oblivionに行く方法、あるいは扉となりうるパワースポットというのがいくつか紹介されていますし、結構手段はあるのかもしれません。『Liminal Bridges』とかもそうですか。例のフォークの人も、シェオゴラスに招かれたのかもしれませんね。
2010.07.20 05:28
金明孟宗
なるほどなるほど。
しかしそういう設定であればあるほど、Martinは何を守ったんだろうとか、
Dragon Fireの契約って何だったんだろうとか残念感が…
Infernal CityではTamrielの悲観的な未来が描かれているようですね。
TES5とかどうするつもりなんでしょ。
もしかしたら過去に遡っちゃうのかな。
2010.07.20 19:29

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://geckob.blog83.fc2.com/tb.php/118-b768395c

★Notice★

「The Elder Scrolls IV : OBLIVION」のプレイ日記の体裁を取っていますが、「ロマンシングサガ ミンストレルソング」のキャラクターRPであり、両作の二次創作要素を含有した1人称小説でもあります。

これはCyrodiilで作者が体験した物語であり、あなたのプレイしたOBLIVIONとは異なる可能性の方が高いです。では、良い旅を。

◇サムネイル画像はマウスオーバーでポップアップします。ポップアップした画像からカーソルを離すと消えます。所により、大きめの画像でも更に拡大することがあります。

◇使用MODは日記本文中で紹介していますが、クエストMODでは別記事にしていることもあります。

◇ネタバレ、妄想/脚色含有にご注意。キャラクターには、故意に間違った情報の解釈をさせていることもあります。

Profile

ゲラ=ハ

Citizen:ゲラ=ハ
私の名はゲラ=ハ。作者になり代わり中止をお詫び申し上げます。ところで、角なのですが、Paradiseへ向かう頃には全部抜け落ちるというネタがあったようです。まぁそれが本来の私なのですが、いささか頭が寂しくなる話です。SKYRIM?ゲッコ族は生理的に寒いのは困ります。

Author:金明孟宗
普段は二次小説だか何だかの人です。
棲息地:【孟宗劇場】
ご意見ご感想などは【こちら】

Category

Recent entry

LINK+

Recommend

Page Selector

RSS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。