スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Sutch Reborn(v8.4/8.5):攻略メモ・ストーリー前編

.11 2010 MOD覚え書き comment(0) trackback(0)
次の日記で紹介し、後で攻略記事をと思っていたのですが、先に攻略記事としてアップします。というのも、このMOD、バージョンアップが続きそうです。記事作成にあたって、v8.4/v8.5でそれぞれ1周していますが、記事公開前にv8.9がリリースされました。本記事の内容が通用しない部分もあるかもしれません。近日、v9.0フルパックがリリース予定だそうです。

<追記>
いつのまにやらv9.0で有志による日本語化が。
ほとんど翻訳し終わってるじゃないか!
MOD翻訳所

公式で没ネタになった都市、Sutch

↑画像はクリックで幅750pxまで拡大します。
左上:城側からの風景/右上:地図改変MODでメジャーなElven Map Reduxが対応(別MOD)。Lord Drad's Estateの北側すぐに、Sutchの街の正面ゲート。Malacath神像は城壁の外。/左下:港完備。長い長い石段で街に続いています。/右下;町側から見た全景。全クエストクリア済み。導入当初には存在しない建物があります。右下にあるのがFort Sutch。

攻略担当は何故か在りし日のラ’ヴィンドラ嬢(マゾーガのお友達の彼女:当サイトオリジナル)です。とはいえ、攻略なのであまりSSでうるさくは出ないと思いますが。

MOD:Dragon Captions Imperial City of Sutch Reborn
公式には実装を見送られた都市Sutchを、世界観を守りながら独自の歴史解釈を加えて再現した作品。クエストで街を復興するという内容です。例えば、Hammerfellとの国境という理由でKynarethへの信仰が深く、SutchにはKynareth神像と教会があり、それを護る神殿騎士団がいます。実はバニラでは九大神の中でKynarethのみ、その神像や教会がある街がありません。KoNでの巡礼先としては、まるでDaedra神像のように野外設置されたKynareth像となります。

本作を作成したのは、数々のクエストMODを発表しているチームDragon Captions。核となる町の復興クエストと物語部分は完成していますが、オプションとなるクエスト群は未だ開発途上のようです。v8.2までは本体の他に素材集「Dragon Captions- Resource Pack(DCRP)」が必要でした。しかしv8.3からDCRP-Free、つまり単体で動作するようになりました。2010年1月現在、まずV8.2フルパックをダウンロードし、v8.3以降は最新版のespをダウンロードして差し替える方法で導入します。

クエストの舞台はSutchそのものと周辺区域だけでなく、他の地域にも。内容としては本編メインクエストクリア後のPCが、Ocatoの要請を受けてSutchの復興に協力するというもの(但しゲーム上は、メインクエストのクリア状態に関係なくプレイできます)。物語を進めることで町の復興が進み、建物が増えていきます。なお、クエスト関連の台詞は一部を除きボイス付き。

動作の不具合など
とても魅力的な作品なのですが、当方の環境では少々不安定でした。
・Anvil北あたりの地形を大きく変えてしまうため、日本でも人気のある
 OOO/MMMやVerona Houseなどと干渉します。
 しかし、これらには修正パッチ(Sutch Reborn Compatibility patches)
 が出ている模様です。
・今後のバージョンアップで、クローズ構造(フィールドと
 切り離した街マップ)にするとの話ですが、
 v8.5時点ではフィールドと完全に続くオープン構造です。
 このため、環境によっては重く感じるでしょう。
・当方環境で、屋内において画面のブラックアウトが発生。
 例のnvidia+HDR環境で起こる不具合かと思えば、Bloomにしても同様。
 具体的には、宝箱や扉といった「アクティベートするもの」を
 視界に入れたとき、いきなり表示が灰/真っ黒になり、
 視線をそらせば復活するという現象です。
 Wrye BashのFog Fixだったかで何とかなるかもしれませんが未検証。
・CTDが、休憩・宿泊・ファストトラベル・通常時と色々な場面で発生。
 ※以下、CTDについての、あくまで当方環境の話です※
 weOCP(CTD防止プラグイン)は効果を体感できずでした。
 何とかできないかと足掻いていると、CTDは「クエストの特定の段階」で
 「ゲーム内時刻が0~2:00」に発生することに気付きました。
 時刻によるAIか、クエストによるNPC配置でナニか、
 とは思いますが、私ごときがCSで触れる規模ではありません。
 Set timescale toまたはTAI/TSCRでシステムを騙し、
 問題時刻をすり抜けるといった方法で回避しました。
・同じNPCが2重に配置されることがあり、それが戦う相手であった場合、
 難度が上がってしまいます。
・通れそうな見た目なのに通行不可であったり、城内ではコリジョンが
 ちょっとツライところがあります。垂れ幕がアヤシイ。
・報償として地下宝物庫の宝箱から得られる物品が盗品扱いになります。
 宝箱にSetOwnershipで対策・・・すると鍵の意味が無くなります。
 地下宝物庫にはもうひとつ恐ろしい、入ったら決して出られないという
 不具合がありましたが、これはv8.5でフィックスされています。

以降、メインとなるSutch復興ストーリーを前後編の2回に分けて攻略します。

※会話内容に言及したりと完全にネタバレです。避けたい場合はボールド文字の手順だけ追うといいかと思います。また、すべての要素を見つけていないかもしれません。

■Whispers upon the winds(風の囁き)
Sutch_00010.jpg導入後、最初にロードするとメッセージが表示されます。
このMODは一部の特定の場面を除き、目的地を示すクエストマーカーが出ません。大雑把なヒントだけの状況で常に自分で探す必要があります。なお、この「Whispers upon the winds」は、このMODを導入している限り、未解決欄に残ります。
①帝都でOcatoの使者Coddwelと話す
Sutch_00012.jpg彼は時間帯によってTalos PlazaのTiber Septim Hotelと、Imperial Palace周辺を往復します。Fort Sutchに行ってくれとのことです。まだFort Sutchを見つけていない場合にはもちろん地図に表記されていませんが、MODで追加されるSutch関連の各地点(城・街・港)は導入時に即ファストトラベルが可能です。

■Rebirth of Ancient Gurdge(古き怨嗟の復活)
恐らくGurdgeはGrudgeのミスタイプ。ネイティブさんはこのあたり結構アバウト。非ネイティブな我々はスペルミスの想像も大変です。他にもyou→u、When→wenとか略すし、アポストロフィ省略もお約束。クエストには全然関係ありませんが、海外フォーラムを覗くのは大変。
①Sutch城内にいるConanと話す
Sutch_00016.jpgCoddwelの話ではFort Sutchに行ってくれとのことですが、クエストを進めるために話すべき人物は城にいます。赤いローブを着ているConanという青年です。彼は時間帯によって城内を徘徊しており、昼食時には正面ホールの玉座に程近いところで、椅子に座ってモグモグしています。
(※本記事中明らかに野外の背景にConanがいる画像がありますが、MOD標準の状態ではありません)Conanは町の復興状況について説明し、次にギルド(戦士ギルド)の建物を建てたいが、懸念材料として害獣(pest)の存在があると話します。
②城を出て直進。町の広場へ
Sutch_00028.jpg大勢の兵士や僧侶がオーガ3頭と乱闘している場面に出くわします。助けてあげましょう。ただ、NPC(衛兵・騎士・ギルドの戦士・僧侶など)がとにかくわらわらしているため、誤爆にご注意。わざと誤爆を誘ってデザインしているのではないかという位ですが、考えすぎでしょうか(Sutchは牢獄も完備。実は後々のために場所を知っておくのもアリです)。PCレベルが低い場合、兵士たちに任せておくのも1つの手。オーガ3頭が倒れると、ジャーナル更新。
③城に戻ってConanに話し、謝礼を要求する
Sutch_00026.jpg「この欲張りさんめ」とか馬鹿にされます。そのイケメンを殴りたい。とにかく、古い宝物庫(Old Vault)への鍵だという「Lock Box Key 1」を入手してクエスト完了。ただし、古い宝物庫が何処にあるのかは教えてくれません。

[宝物庫について]
Sutch_00032.jpg牢獄から行けます。町から城門を潜って城に入らず、正面左の壁面沿いにある扉から外壁内部に入り、すぐ目の前にある落とし扉からBarrackへ。次に「Catsle Sutch, Dungeon」とマップで表示される扉を探してください。降りると牢獄です。パッと見、ただの牢獄ですがマップを見るととぐろを巻いた道が書いてあって不可解。そこで壁にある蝋燭を調べると隠し扉が開きます。とぐろを巻いた地下道の奥に扉があり、「Lock Box Key 1」で開きます。この鍵だけでは殆どの宝箱が開けられません。持っている鍵の種類(Lock Box Key 1~7)に応じ、開けられる宝箱が増えます。宝箱の中身は大金と宝石がほとんどですが、武器やエンチャント防具もあります。

■The Eye of the Bandit(山賊のスパイ)
①再び城でConanに話しかける

Lisaという女性の助けになって欲しい、といった話を聞きます。どうやら帝国が供給している復興物資が、頻繁に襲ってくる盗賊によって奪われているらしく、Lisaの夫であり、町の衛兵でもあるCaptain Maxが盗賊退治に出て行ったが戻らないということのようです。
②Lisa Valkerisに会って話を聞く
Sutch_00053.jpgLisaは広場の片隅にいます(マーカーあり)。夫は近くの洞窟(鉱山)に向かった筈だと話し、鍵(Old Mine Key)を入手。本当に「近くの(nearby)」としか云ってくれません。他にヒントは無いので、自分の足で探す必要アリ。
③Fallen Fang Mineに潜入する
Sutch_00060.jpg目的の場所は町を出て南(Lord Drad`s Estateの方面)、ちょうどMalacath神像のクエストで訪れたBleak Mineの近くにFallen Fang Mineという鉱山が追加されています。鉱山では盗賊との戦闘があります。なお、最初に戦った後にメッセージで援軍を要請するように言われます。町に戻って騎士(青鎧)に話しかければついてきてくれますが、別に必須ではありません。
④奥にいるSutchの衛兵と会話する
奥に進めば町の衛兵が目に入りますので、彼と会話。しかし、この男はMaxではなく、Black Bandと呼ばれる山賊団のスパイ。衛兵としての上司であったMaxを殺し、物品を横流ししていたと話します。会話後、戦闘。
⑤更に奥でCaptain Maxを見つける
少なくとも彼の剣だけは持って帰りましょう。
⑥町に戻り、広場にいるLisaに事の顛末を話す
一度話して剣のことを聞き、再度話して剣を渡します。彼女はBlack Bandへ復讐を誓い、戦士ギルドに入隊すると話します。謝礼として2000G入手。
Sutch_00097.jpg彼女は復興なった戦士ギルドの建物で暮らし始めます。悲しみに暮れる彼女を支えてくれる友人もできたようで、いつも女性が側についていてくれます。本当に仲が良く…24時間ベッタリです。まさか、この為に夫を!謝礼金は口封じで!そういえば、盗賊の根城であった鉱山の鍵を何故彼女が?!
⑦城へ行き、Conanに話して謝礼を要求する
「Lock Box Key 2」を入手。このクエストで盗賊に奪われていた物資が戻ってきたので、戦士ギルドの建物が再建された模様。もう一度話しかけて他に何か問題は無いか聞くと、今のところ必要なことはなく、復興は中々進まない様子。Coddwelにも話を聞いて欲しいとのこと。

■The Son of the Green Owl(翠の梟を継ぐ者)
Sutchのイメージカラーは、レヤウィンのそれよりも鮮やかな緑。衛兵の装いや城のカーペットが緑色に統一されています。再興しているのだから当然新しく作られたわけで、衛兵の鎧などが他よりも色鮮やかに見えるのは納得できます。梟は過去のSutchにおいて伯爵家の紋章だったようです。
①帝都に行き、Coddwelと話す
Sutchにおいては、かつての伯爵家が途絶えており、復興にあたっては新たな伯爵家が必要だという話を聞きます。そしてその候補としては、かつてFort Sutchを守護していた騎士長とその家系を推したいが、スキングラッドに移り住んだとしか分からず消息不明のため、探して欲しいと依頼されます。
②Samuel Sutchの暮らす小屋を見つけ、彼と話す
Sutch_00106.jpg小屋の場所はマーカーで出ます。スキングラッド郊外(Kvatch側)、ワイン畑の看板の近くにありますので、中に入って会話。数日前に息子Kinianとその妻がハーブ摘みをしている所を誘拐されたという話をスキングラッドの衛兵に聞かされて呆然としているようです。助けになりましょう。
Sutch_00107.jpg彼はもう人生をリタイヤしたのだと仰りますが、その割に小屋の中で武装。それにも増して、「息子とその嫁を誘拐された、その居場所らしいところへ侵入するための鍵」を持っている。持っている上に衛兵に報せていない。ツッコミどころと考えるよりも、このクエストをクリアした後にこの事実を振り返り、理由を想像するのも一興かもしれません。とにかく「Old Sutch Key」を入手。
加えて、小屋にある宝箱の装備品も使ってよいとのことです。
③Shallow Creak Caveに潜入する
Sutch_00116.jpg目的地はSamuel Sutchの小屋から北にある池の辺にあります。洞窟から遺跡につながる、少し長めのダンジョンになっており、それなりに罠が仕掛けられ、奥に行けば行くほど強力な敵(盗賊)が出てきます。PCの能力にもよりますが、途中から休憩不可になることもあって結構歯ごたえあり。
④洞窟の奥の遺跡でスキングラッド衛兵を見つけ、話す
Sutch_00124.jpg盗賊を倒しつつ奥へ。洞窟を抜けると遺跡構造のダンジョンに。更に進んでいくと、側にスキングラッドの衛兵(女)を伴っているローブ姿の女性を発見します。まず衛兵(Macine Swift)に話しかけましょう。
彼女は「これで負け組脱出!あのBlack Band Banditは衛兵では手に入らない報酬を約束してくれた」とか腐った事を述べられます。そして後ろにいる女性を解放しろと詰め寄ると「儀式が終わるまで彼女を此処に留めるようにって奴等に云われてね。邪魔するつもりなら死ね」と戦闘になります。
⑤ローブ姿の女性(Cilvia Sutch)と話す
Sutch_00135.jpg彼女こそ、Samuelの息子の奥方です。気が動転している彼女から、更に奥に進む為の鍵(Rusty Key)を入手。画像だと黒幕みたいなライティングですが、彼女は至って善良な女性です。なぜ彼女が奥に進む鍵を持っているかをうまく考察できません。やはり全てツッコミどころなのでしょうか。ここはひとつ、ちょっとおっちょこちょいな方と好意的に考える事にしました。
⑤奥に進みMichael Sutchと話す
Sutch_00141.jpg奥への扉は分かりにくいかもしれませんが、バニラでも見かける構造です。ジャンプを駆使して扉の前まで行きましょう。鍵を使って扉を開け更に奥に進みます。暗いので扉を開けて直ぐにレバーがあるのを見落とさないこと。レバーで柵を開き、盗賊の一味と戦闘。奥に進みMichaelと話します。
彼は兄Kinianを「Morag Bal(Daedra Lordの一柱)に供物として捧げれば永遠の命と若さを保つことができる」と、何者かにそそのかされた様子。会話後、戦闘。

動作の不具合か、スキングラッド衛兵の女性(Macine Swift)およびMichael Sutchは、普通に盗賊たちに紛れて襲いかかってくることがあります。話を聞きたい場合は、降参を受け入れてくれます。話せばまた戦闘になることは変わりがありませんが。

⑥囚われていたKinian Sutchに事の次第を伝える
戦闘後、供物になる直前だったKinianに話しかけ、Sutchの伯爵になって欲しいという依頼を伝えます。彼は喜んで承諾し、後にまた会おうと言われるのでそのまま帰ってOK。洞窟内にまだいる奥さん(Cilvia)も小屋のお父さん(Samuel)も噂しか話さないので特に話しかける必要はありません。
⑦帝都に戻り、Coddwelに報告する
Sutch_00142.jpg彼は喜び、Ocatoに報せると云いますが、特に報償などはありません。クエスト終了。Sutchに若き当主が誕生します。しかし一方で、Morag Bal信徒らしき者の暗躍というキナ臭い雰囲気が。
■The Secret of the Past(過ぎ去りし日の秘密)
①Sutch城を訪ね、伯爵となったKinian Sutchと話す

Sutch_00159.jpg今は寂れているSutchの港(Old docks)にBlack Bandの姿を見たという噂があることを話してくれます。その足で港を調べに行っても特に何も見つからないでしょう。後に訪れる探索場所の前には瓦礫があって通れなくなっています。
②町で物乞いと話す
Sutch_00172.jpg物乞いは時刻により町の広場と教会を行き来しています。ふだんは普通に物乞いですが、ここでは特別な選択肢が出現しています。悪党たちが妻を港の塔に連れて行ったとのこと。目的の場所は港の片隅、Hammerfellとの国境に流れる川の辺にあります。
③塔に潜入して上に登り、盗賊を倒す
Sutch_00178.jpg塔に入って正面左の扉は施錠されており、当初開ける事ができません。塔の上に上ると1人の盗賊がいるので戦闘に。この盗賊、戦闘になるとすぐに逃げ出し、塔を出て行こうとします。直ぐに倒せればいいですが、塔を出て逃げてしまった場合も、港にいるガードに始末されるでしょう。最初に入れなかった扉の鍵(Rusted Key)は、この盗賊が持っています。
Sutch_00186.jpg物乞いの妻は塔を昇っていった行き止まり、どこかで見かけた彫像の前で既に亡くなっています。下に戻り最初開けなかった扉を開けると、手紙(持ち帰る必要はありません)が置いてあり、差出人はどうやらMichael Sutchをそそのかした何者かで、先程の盗賊が「商人の妻」を捕らえ、Morag Balへの供物として殺した旨が書かれています。そして全てはSutchとそれに関わる者に対する復讐であることも。
④広場にいる物乞いに報告する
彼は悲しみ、そして怒りに震えますが、とりあえず助けになってくれたことに礼を述べ、かつては帝都で大商人であったが、ある日を境にリタイアしていたと告白。今後は商人としてSutchのために尽くすと約束します。
⑤街中での戦闘に勝利する
物乞いとの会話が終わったその瞬間に、街中に大量のBlack Band Banditsが出現します。この町は戦闘要員が有り余るほど居るので、放って置いても撃退されます。ただし、PCのレベルによっては状況が異なるかもしれませんのでご注意。街中のNPCにはエッセンシャルがついた人もいますが、衛兵など、ほとんどの場合は普通に犠牲者になります。この襲撃事件はそのまま次のクエストの導入になっており、盗賊の全てが倒されるとジャーナルが更新されます。

■The Protectors of the Owl(梟の護り手)
①Sutch城へ行き、Kinian Sutchに事の次第を伝える

町が襲われた事を報告し、攻撃に備える事が必要だと提案します。KinianはCoddwelに事態を伝え、帝国議会から騎士を派遣するように頼んで欲しいと依頼されます。
②帝都のCoddwelと話す
要請に応える旨返事をもらえます。ジャーナル更新。Coddwelはそんなことを一言も云っていなかった気がするのですが、ジャーナルによると他のColovianの都市の伯爵にも相談したほうが良いとのこと。Colovianとは、帝国の西部地方を指す言葉です。
③Anvil城の伯爵を訪ね、救援を要請する(オプション)
他の都市でも要請できるのかもしれませんが、このあたり当方CTDとの戦いで大変であった為、確認できたのはAnvilのみ。次に進めることもできました。どうやらこれは必須ではないオプション項目のようです。ただ、援軍が増えていると当然、後々の事態に対しての備えになることは確かです。
④Sutch城のKinian Sutchに報告する
Sutch_00236.jpgこれで何処からか再び襲撃してくるであろうBlack Bandに対する用意ができたと話し、クエストクリア。報酬はなし。なお、クリア後は街中にAnvilの衛兵の姿もチラホラ見かけるようになります。続いてKinianに話しかける事で次のクエストに進行。

(以降、後編に続きます)

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://geckob.blog83.fc2.com/tb.php/109-e644179b

★Notice★

「The Elder Scrolls IV : OBLIVION」のプレイ日記の体裁を取っていますが、「ロマンシングサガ ミンストレルソング」のキャラクターRPであり、両作の二次創作要素を含有した1人称小説でもあります。

これはCyrodiilで作者が体験した物語であり、あなたのプレイしたOBLIVIONとは異なる可能性の方が高いです。では、良い旅を。

◇サムネイル画像はマウスオーバーでポップアップします。ポップアップした画像からカーソルを離すと消えます。所により、大きめの画像でも更に拡大することがあります。

◇使用MODは日記本文中で紹介していますが、クエストMODでは別記事にしていることもあります。

◇ネタバレ、妄想/脚色含有にご注意。キャラクターには、故意に間違った情報の解釈をさせていることもあります。

Profile

ゲラ=ハ

Citizen:ゲラ=ハ
私の名はゲラ=ハ。作者になり代わり中止をお詫び申し上げます。ところで、角なのですが、Paradiseへ向かう頃には全部抜け落ちるというネタがあったようです。まぁそれが本来の私なのですが、いささか頭が寂しくなる話です。SKYRIM?ゲッコ族は生理的に寒いのは困ります。

Author:金明孟宗
普段は二次小説だか何だかの人です。
棲息地:【孟宗劇場】
ご意見ご感想などは【こちら】

Category

Recent entry

LINK+

Recommend

Page Selector

RSS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。