FC2ブログ

スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラプチャーに帰ってみた

.06 2010 コンソール版 comment(0) trackback(0)
すごく遅ればせながら、積んでたBioshock2をプレイしてました。



LV0 顔も見えない潜水服に萌えとか言ってる奴おかしいだろ・・・
LV1 おいおい、吹き替えが好評だったのに続編は何で字幕なんだよ!
LV2 2作目でインパクトも薄いかな。でもやっぱりラプチャーはいいね。
LV3 More angels, daddy! This way♪とかもうね。
    どっちかと言うと天使は君だよリトルシスター・・・
LV4 何このビッグシスターっての、固いし速いし超怖いんですけど・・・
LV5 テネンバウムって今回は空気だな・・・
    あれほど萌えたダディさえもちょっと影薄いかも・・・
スポンサーサイト
 HOME 

★Notice★

「The Elder Scrolls IV : OBLIVION」のプレイ日記の体裁を取っていますが、「ロマンシングサガ ミンストレルソング」のキャラクターRPであり、両作の二次創作要素を含有した1人称小説でもあります。

これはCyrodiilで作者が体験した物語であり、あなたのプレイしたOBLIVIONとは異なる可能性の方が高いです。では、良い旅を。

◇サムネイル画像はマウスオーバーでポップアップします。ポップアップした画像からカーソルを離すと消えます。所により、大きめの画像でも更に拡大することがあります。

◇使用MODは日記本文中で紹介していますが、クエストMODでは別記事にしていることもあります。

◇ネタバレ、妄想/脚色含有にご注意。キャラクターには、故意に間違った情報の解釈をさせていることもあります。

Profile

ゲラ=ハ

Citizen:ゲラ=ハ
私の名はゲラ=ハ。作者になり代わり中止をお詫び申し上げます。ところで、角なのですが、Paradiseへ向かう頃には全部抜け落ちるというネタがあったようです。まぁそれが本来の私なのですが、いささか頭が寂しくなる話です。SKYRIM?ゲッコ族は生理的に寒いのは困ります。

Author:金明孟宗
普段は二次小説だか何だかの人です。
棲息地:【孟宗劇場】
ご意見ご感想などは【こちら】

Category

Recent entry

LINK+

Recommend

Page Selector

RSS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。