FC2ブログ

スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Sutch Reborn(v8.4/8.5):攻略メモ・クリア後編

.11 2010 MOD覚え書き comment(0) trackback(0)
今回の紹介分は、制作側も未検証だったりする項目が殆どです。クリアまできちんと動作したクエストもあります。今後もバージョンアップがあるそうなので、完全実装を期待したいところです。もしかしたらもう実装済みかも。

Sutch_00489.jpg

記事としては執筆時点での予備情報として何か知りたいことがある場合に役立てれば幸いです。


スポンサーサイト

Sutch Reborn(v8.4/8.5):攻略メモ・ストーリー後編

.11 2010 MOD覚え書き comment(0) trackback(0)
引き続き、ストーリー攻略をお届けします。MODの概略などは前編をご覧ください。



↑画像はクリックで幅750pixelまで拡大します。画像に文字入れれば良かった。
左上:Sutchの若き伯爵夫妻/右上:Kynareth神殿騎士団・Sutch衛兵・通りすがりの市民の皆さん/左下:Kynareth教会の僧侶・上空演舞は学者の皆さん/右下:左からSamuel Sutch・Conan・Coddwel・Zeck Kato/中央:最後の最後に町の広場に設置されるKynareth像。

攻略は完全ネタバレのため、避けたい場合はボールド文字の手順だけ追うのをオススメします。

Sutch Reborn(v8.4/8.5):攻略メモ・ストーリー前編

.11 2010 MOD覚え書き comment(0) trackback(0)
次の日記で紹介し、後で攻略記事をと思っていたのですが、先に攻略記事としてアップします。というのも、このMOD、バージョンアップが続きそうです。記事作成にあたって、v8.4/v8.5でそれぞれ1周していますが、記事公開前にv8.9がリリースされました。本記事の内容が通用しない部分もあるかもしれません。近日、v9.0フルパックがリリース予定だそうです。

<追記>
いつのまにやらv9.0で有志による日本語化が。
ほとんど翻訳し終わってるじゃないか!
MOD翻訳所

公式で没ネタになった都市、Sutch

↑画像はクリックで幅750pxまで拡大します。
左上:城側からの風景/右上:地図改変MODでメジャーなElven Map Reduxが対応(別MOD)。Lord Drad's Estateの北側すぐに、Sutchの街の正面ゲート。Malacath神像は城壁の外。/左下:港完備。長い長い石段で街に続いています。/右下;町側から見た全景。全クエストクリア済み。導入当初には存在しない建物があります。右下にあるのがFort Sutch。

攻略担当は何故か在りし日のラ’ヴィンドラ嬢(マゾーガのお友達の彼女:当サイトオリジナル)です。とはいえ、攻略なのであまりSSでうるさくは出ないと思いますが。

MOD:Dragon Captions Imperial City of Sutch Reborn
公式には実装を見送られた都市Sutchを、世界観を守りながら独自の歴史解釈を加えて再現した作品。クエストで街を復興するという内容です。例えば、Hammerfellとの国境という理由でKynarethへの信仰が深く、SutchにはKynareth神像と教会があり、それを護る神殿騎士団がいます。実はバニラでは九大神の中でKynarethのみ、その神像や教会がある街がありません。KoNでの巡礼先としては、まるでDaedra神像のように野外設置されたKynareth像となります。

本作を作成したのは、数々のクエストMODを発表しているチームDragon Captions。核となる町の復興クエストと物語部分は完成していますが、オプションとなるクエスト群は未だ開発途上のようです。v8.2までは本体の他に素材集「Dragon Captions- Resource Pack(DCRP)」が必要でした。しかしv8.3からDCRP-Free、つまり単体で動作するようになりました。2010年1月現在、まずV8.2フルパックをダウンロードし、v8.3以降は最新版のespをダウンロードして差し替える方法で導入します。

クエストの舞台はSutchそのものと周辺区域だけでなく、他の地域にも。内容としては本編メインクエストクリア後のPCが、Ocatoの要請を受けてSutchの復興に協力するというもの(但しゲーム上は、メインクエストのクリア状態に関係なくプレイできます)。物語を進めることで町の復興が進み、建物が増えていきます。なお、クエスト関連の台詞は一部を除きボイス付き。

動作の不具合など
とても魅力的な作品なのですが、当方の環境では少々不安定でした。
・Anvil北あたりの地形を大きく変えてしまうため、日本でも人気のある
 OOO/MMMやVerona Houseなどと干渉します。
 しかし、これらには修正パッチ(Sutch Reborn Compatibility patches)
 が出ている模様です。
・今後のバージョンアップで、クローズ構造(フィールドと
 切り離した街マップ)にするとの話ですが、
 v8.5時点ではフィールドと完全に続くオープン構造です。
 このため、環境によっては重く感じるでしょう。
・当方環境で、屋内において画面のブラックアウトが発生。
 例のnvidia+HDR環境で起こる不具合かと思えば、Bloomにしても同様。
 具体的には、宝箱や扉といった「アクティベートするもの」を
 視界に入れたとき、いきなり表示が灰/真っ黒になり、
 視線をそらせば復活するという現象です。
 Wrye BashのFog Fixだったかで何とかなるかもしれませんが未検証。
・CTDが、休憩・宿泊・ファストトラベル・通常時と色々な場面で発生。
 ※以下、CTDについての、あくまで当方環境の話です※
 weOCP(CTD防止プラグイン)は効果を体感できずでした。
 何とかできないかと足掻いていると、CTDは「クエストの特定の段階」で
 「ゲーム内時刻が0~2:00」に発生することに気付きました。
 時刻によるAIか、クエストによるNPC配置でナニか、
 とは思いますが、私ごときがCSで触れる規模ではありません。
 Set timescale toまたはTAI/TSCRでシステムを騙し、
 問題時刻をすり抜けるといった方法で回避しました。
・同じNPCが2重に配置されることがあり、それが戦う相手であった場合、
 難度が上がってしまいます。
・通れそうな見た目なのに通行不可であったり、城内ではコリジョンが
 ちょっとツライところがあります。垂れ幕がアヤシイ。
・報償として地下宝物庫の宝箱から得られる物品が盗品扱いになります。
 宝箱にSetOwnershipで対策・・・すると鍵の意味が無くなります。
 地下宝物庫にはもうひとつ恐ろしい、入ったら決して出られないという
 不具合がありましたが、これはv8.5でフィックスされています。

以降、メインとなるSutch復興ストーリーを前後編の2回に分けて攻略します。

※会話内容に言及したりと完全にネタバレです。避けたい場合はボールド文字の手順だけ追うといいかと思います。また、すべての要素を見つけていないかもしれません。

なんというクリスマスプレゼント

.26 2009 MOD覚え書き comment(2) trackback(0)
ちっともめでたくないニュースが耳に入っておりますが。

ぼくはラブプラス持ってません。ホントです。

(使用フォント:SR角田さん by SRH : いつもと違い、このサイズからクリックで更に拡大します)

というわけで、ゼニマックス・アジアが正式にアナウンスした通り、コンシューマで楽しんでおられる方にはツライ結果になりました。SI行きたければGOTYを買って、イチからキャラクターを育てなおさなければなりません。こんな結果ならFO3より前にでも出せただろうに。批判はあれど、商機は逃さずに済んだはず。

ま、洋ゲーだし、幾ら語ってるブログが未だにあったり、2chスレが続いていたとしても、コンシューマの売り上げははっきり言って僅かな訳で、仕方が無い側面もあります。あんまり怒りの声も聞かないのは、SIをガマンできなかった人はみんなPCに移行してること、すでに旬は過ぎている事もありますね。洋RPG好きの、それもオブリ系ブログの何人かがDragonAgeとかに傾倒してるのがうらやましい訳じゃないんだからね!

こういう論調を展開すると、すぐに「なんであんなのが100ン万本・・・」とか言い出す人もいますが、オブリビオンの素晴しさを、自由度が高く重厚な海外作品を讃えるために他を貶める必要はありません。色々なゲームがあるのはいいことです。好みに合わないからダメだ糞だという前に、好きなものが途絶えないように支えることの方が大事だと思いませんか?いやこういうとゼニマックスの回し者みたいですが。GOTYはどうするか検討中。怒ってるんだぞ。

とにもかくにも私はもう、洋ゲーだけの世界も、和ゲーだけの世界もいやです。できるだけいろんなものを楽しみたいです。もちろん、批判はするけれども、ただの感情論や罵声にならないようにしたいものです。

MOD:Santacos'09
hissssa様(「hissssaのあまやどり」の中の人)のサンタコス作品。導入するとデザインやカラーのバラエティに富んだサンタコスチュームが帝都の杖屋で売り出されます。帽子など、モノによってはアミュレットやテイルから好きな属性が選べるようです。EC用とTFF用があります。当方環境は未だにバニラボディなので、ヲブプラスネタ画像のDar-Ma嬢はテクスチャがおかしくなっております。

Ruined-Tail's Tale(v3.0):攻略メモ

.30 2009 MOD覚え書き comment(8) trackback(0)
我々はこのトカゲを知っているッ!懐にはエロ本を所持し、PCの性別や身分に関係なく唐突にデレるこの男を知っているッ!!

Ruinの服装は別MOD。

「病に侵されたときには、ナインの祭壇が役立ちますね」「オブリビオンの脅威が去りました。アカトシュに感謝を」とか世間話をする裏で、僧侶(笑)ナイン(笑)とか考えているこの男を知っているッ!!生まれは海外、日本でも名の通る存在になったRuined-Tail、Web翻訳すると破滅的尾部ッ!彼と共に歩む物語がパワーアップして帰ってきたッ!

MOD:Ruined-Tail's Tale ver.3.0
Simyaz氏作、海外でも人気のアルゴニアン好きのためのクエストMODがバージョンアップ。隅々まで手が入れられています。黒色アルゴニアンメイジ様で日本語化(作者公認)が行われ、espファイルを入れ替えれば日本語でプレイ可能。

<追記>
バグフィックスしたVer3.1が出ており、日本語化も上記で同様に配布されています。攻略的には本記事と同じです。

■プレイアビリティ・ゲーム性の強化
本作はイベントフラグをタイマー制にしている部分があり、クエストMODとしては冗長に感じられる弱点がありました。バージョンアップでタイマーが3倍以上の速度に強化され、かなりキビキビと進むように変更されています。また、プレイに迷わないようにするための工夫や、ちょっと難度に問題のあった部分の変更があります。更に攻略に複数の方法を選べるラストダンジョンなど、別物と呼べる進化。旧バージョンプレイ済みでも十分に楽しめます。
■イベント・物語の強化
旧バージョンは物語上、同性愛な感じ(少なくともMistの存在がね)が拭えませんでしたが、バージョンアップで展開を一新。Ruinとの関係もプレイヤーが選べるようになりました。それによって微妙に台詞などが変わる部分があります。物語もプレイスタイルやRPで違和感の無い様に工夫されています。ヤンデレ呼ばわりがいやだったのか、Ruinがあまり病みません。演出の強化(画面エフェクト)は環境によってはCTDの危険が増えたというデメリットも。また、旧バージョンのリリース後、MOD「Tears of the Fiend」でもRuinが出現したりしましたが、Ruinの方も同氏の他のクエストMODとのストーリー上の関連性が見え隠れするようになりました。
■コンパニオンとしての機能強化
Ruinの技能は物語上で設定されているので、大きな変更はできません。装備の交換は可能ですが、修理まではしてくれません。自己回復はできますが、PCを回復するような機能はありません。Ruinに指示できるのは追尾距離(プレイヤーとどのくらい離れてついてくるか)と、戦闘状態になったときに攻撃行動を行うか否か、近距離攻撃か遠距離攻撃か。v2.5よりも自己回復をきちんと行うようになっている感じがします。ストーリー上の制限状態以外の場面では、はぐれた時に魔法Summon Ruinで近くに呼び出すことができます。
■不具合の削減・MODの性格の変化
バージョンアップでダンジョンが作り直されたため、攻略時のハマりは大幅に削減されました。但し今回は、クリア後に捨てられないクエストアイテムが数点残るという不具合もあります。クエストMODとしての性格が強化された分、継続使用を考えていないつくりになっているようです。

以下、今回も攻略をお送りします。大きなネタバレにならない範囲で画像もありますので閲覧にはご注意。まあ、こんな記事なくてもMODにはガイド本(英語)が添付されてます。この記事はその完訳ではございません。

※記事中【第1話】とか書いてありますが、ゲームは別に章立てされているわけではありません。

 HOME 

★Notice★

「The Elder Scrolls IV : OBLIVION」のプレイ日記の体裁を取っていますが、「ロマンシングサガ ミンストレルソング」のキャラクターRPであり、両作の二次創作要素を含有した1人称小説でもあります。

これはCyrodiilで作者が体験した物語であり、あなたのプレイしたOBLIVIONとは異なる可能性の方が高いです。では、良い旅を。

◇サムネイル画像はマウスオーバーでポップアップします。ポップアップした画像からカーソルを離すと消えます。所により、大きめの画像でも更に拡大することがあります。

◇使用MODは日記本文中で紹介していますが、クエストMODでは別記事にしていることもあります。

◇ネタバレ、妄想/脚色含有にご注意。キャラクターには、故意に間違った情報の解釈をさせていることもあります。

Profile

ゲラ=ハ

Citizen:ゲラ=ハ
私の名はゲラ=ハ。作者になり代わり中止をお詫び申し上げます。ところで、角なのですが、Paradiseへ向かう頃には全部抜け落ちるというネタがあったようです。まぁそれが本来の私なのですが、いささか頭が寂しくなる話です。SKYRIM?ゲッコ族は生理的に寒いのは困ります。

Author:金明孟宗
普段は二次小説だか何だかの人です。
棲息地:【孟宗劇場】
ご意見ご感想などは【こちら】

Category

Recent entry

LINK+

Recommend

Page Selector

RSS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。